スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自治会のメリットとは

マンションの住民で組織する自治会の総会がありました。

戸数が多いため(複合施設もいっしょになっているため、テナントを含めると400ほどになります)、従来からある地元の自治会に加入するのではなく、マンションで自治会をつくっています。とはいえ、加入しているのは183戸ですが。
マンションができて、しばらくしてから組織された、発足5年目の若い自治会です。

出席は相変わらず少なく21人でしたが、前向きな意見が相次いでよい会になりました。

ある出席者から、「自治会に入っているメリットを感じられない。やめようと思っているくらいだ。住民がもっとメリットを感じられるようにしてほしい」という趣旨の意見がありました。

執行部の代表である会長は「ひと月300円、年間3600円分のメリットはなにかと言われると難しい。いままさにメリットをみなさんといっしょにつくっていこうとしているところ」ということを話されました。

地域住民でつくる組織で、執行部にメリットを求めるのはどうかなと思います。
企業や店がつくる客相手の組織ではないのですから。
メリットは、みんなでいっしょにつくっていくものであるし、メリットについて、それぞれ感じ方も違うでしょう。そもそも、「メリット」という言い方が適切なのかどうか。
役員だって、みんなの代表なのです。役員に向かって、「メリットを」というのもいかがなものでしょうか。

そんなことを考えていたら、ほかの出席者から意見が相次ぎました。

「メリットがどうということではなく、まずは、自治会の目的や役割をはっきり理解することが必要ではないでしょうか。それを伝えましょう」「地震などがあったとき、みんなで助け合えるようにしておくためにも自治会はだいじですよね」「自分は、自治会がやってくれる夏祭りや餅つきなどのイベントを楽しませてもらっているし、なにかあれば手伝いたい。みなさんと顔を合わせたりすることが楽しい」

いまのイベントは、子どもむけのものばかりだから、大人が参加しやすい工夫をしましょうという声もありました。
そして、もっと自治会の目的や役割を広報しましょうという前向きな発言もありました。

多くの住民が、安心感みたいなものがメリットと感じられるようになるのがいちばんでしょうね。

偉そうなことを書きましたが、わたしも若い頃は地域のことなんて見向きもしませんでした。
子どもが生まれて、大きくなるにつれてちょっとずつ考えてきました。まじめに考えるのも最近のことです。
年をとってきたということか、社会経験をさせてもらってきたということか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当にそうですよね。
娘のPTA活動で日々感じていますよ~

No title

>同級生さん
PTA活動も積極的な人と、まったく関わりたくないという人の差が大きいですよね。このての”公”的な部分が多い組織の課題は共通していますね。
プロフィール

ビーボ

Author:ビーボ
ビーボ(ぐっどあ~す)。鹿児島出身。地方新聞記者を経て、農業関係の雑誌編集に携わる。2016年4月から九州・沖縄地区の購読・活用推進の部署に異動。福岡に単身赴任するも、同年夏に再び東京へ戻る。自宅は東京。「ビーボ」は友人農家のハンドルネームをさかさまにしたもの。good earthは10年ほど携わっていた雑誌の英語の愛称です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。