スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋どろぼう

NEC_3173.jpgNEC_3177.jpg
NEC_3174.jpg
ボビーさんが反応するようなタイトルですが……。

写真は、食用ホオズキです。
秋田県の上小阿仁村で作られています。

上の2枚は生果。
口に入れると、トロピカルフルーツのような風味があります。

下はドライ。
ワインなどに合いそうです。

日本でももっとドライフルーツが増えて、定着しませんかね。
習慣化すれば、菓子のおやつよりも健康的ですし、果物の消費も増えるはずです。

西洋に比べるとあまり出回っていませんし、出回っているものは高いですからね。
気候の関係もあるのでしょうけれど、いまはいい機械もあるのではないでしょうか(確かめていませんが)。

「恋どろぼう」という名前は、一度食べたら忘れられない、恋人も忘れるほどのおいしさ、という意味を込めて、つけたそうです。
しゃれたネーミングです。

弊誌11月号の「東日本版」で紹介しています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

仕方ない、反応します(笑)

ドライフルーツ、反田ネクでやってみたいとは以前から考えていましたが、毎年、収穫期は忙しくて、そんな余裕なくて・・・

748様が始めるようですよ。

No title

ボビーさん
ドライネクタリン、うまそうですね。748様はナシで作るのかな? 今度聞いてみよう。そのうち、ドライ企画やりたいと思っています。
プロフィール

ビーボ

Author:ビーボ
ビーボ(ぐっどあ~す)。鹿児島出身。地方新聞記者を経て、農業関係の雑誌編集に携わる。2016年4月から九州・沖縄地区の購読・活用推進の部署に異動。福岡に単身赴任するも、同年夏に再び東京へ戻る。自宅は東京。「ビーボ」は友人農家のハンドルネームをさかさまにしたもの。good earthは10年ほど携わっていた雑誌の英語の愛称です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。