スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手遊びと火遊び

NEC_3316.jpg
小学6年生のときのこと。

ピストルの弾である火薬をシャープペンシルの先でほぐしていた。
(火薬でパン!と音を出す、おもちゃのピストル)。
授業中の、いわゆる「手遊び」だ。

突然、パン!と音がした。「きゃーっ」。女子の何人かが悲鳴を上げた。
爆発したのだ。火薬が刺激に反応したのだろう。
白い煙が出て、ぷーんと火薬が焼けるにおいがした。

手元で爆発したのだが、痛かったのかどうか覚えていない。
授業中にたいへんなことをしてしまった、という気持ちばかりが焦った。
大目玉を食らうと覚悟した。

「ピストルの火薬をいじっていました。ごめんなさい」
立ち上がって、謝った。

先生からは、「鉄砲をカチャカチャやってたと思ったんだが、違ったのか」と言われたのは覚えているが、叱られた記憶はない。
寛容というより、どう対処すべきか瞬時に判断できなかったのかもしれない。まったく経験はないし、予想もしない児童の手遊びだっただろうから。

ときおり思い出す、子ども時代の衝撃的な「火遊び」経験。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大人の火遊びよりマシかな(笑)

自分は、中学時代の技術の時間に、針がねをU字に曲げて、粘土でボールペンに付けたモノをコンセントに突っ込ませましたσ(^_^;)
自分が作り、友達にやらせました(笑)

粘土で絶縁してるので通電しないから大丈夫だと言って。
勿論授業中でしたが、物凄い火花が飛び散りました(;^_^A

No title

ボビーさん
貴兄は、手遊びも火遊びも……(爆)。
プロフィール

ビーボ

Author:ビーボ
ビーボ(ぐっどあ~す)。鹿児島出身。地方新聞記者を経て、農業関係の雑誌編集に携わる。2016年4月から九州・沖縄地区の購読・活用推進の部署に異動。福岡に単身赴任するも、同年夏に再び東京へ戻る。自宅は東京。「ビーボ」は友人農家のハンドルネームをさかさまにしたもの。good earthは10年ほど携わっていた雑誌の英語の愛称です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。