スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農業技術クラブ

NEC_1512.jpg
農林水産省で、農業技術クラブ(農業技術研究関係の記者クラブみたいなものです)の勉強会・総会・懇親会がありました。

弊誌でも取り上げていますが、農業の技術、研究は日々進んでいます。
技術・研究はこれからどのような方向へ進歩していくべきなのでしょうか。
労働力の軽減や効率化、商品価値を高める……。

農水省の技術研究関係の方々や専門誌・紙の記者たちと懇談もできました。
気持ちよく語り、飲みました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

農業が産業化した時点で、技術進歩やコスト意識改革、農産物から商品へとめまぐるしく進歩をしていきますね、そして後戻りはできない、とにかくよくなるために前進あるのみ・・食が産業としていきていくには、それしかないのでしょうかね?

No title

>西郷どんさん
農業は産業化してもビジネスだけではとらえられないところがたくさんありますよね。いくら進歩しても、それなしではできないもの。地域のつながりとか、地域の機能とか……たくさんあります。
政策でみても、産業政策だけで進歩できません。農村・地域政策も必要です。それがないと、各地で進められている「人・農地プラン」もできないのでは。

また語りたいですね。
プロフィール

ビーボ

Author:ビーボ
ビーボ(ぐっどあ~す)。鹿児島出身。地方新聞記者を経て、農業関係の雑誌編集に携わる。2016年4月から九州・沖縄地区の購読・活用推進の部署に異動。福岡に単身赴任するも、同年夏に再び東京へ戻る。自宅は東京。「ビーボ」は友人農家のハンドルネームをさかさまにしたもの。good earthは10年ほど携わっていた雑誌の英語の愛称です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。